ミドルゾーンの風俗

より細分化される男性の嗜好

ライトゾーンの風俗に比べるとミドルゾーンではより男性側の嗜好が細分化されます。例えば学園系や人妻系、OLやナースなどといった様にお店によって前面に出す個性が表れます。SMクラブなどはその典型例でしょう。
こうしたお店の個性を見て、まず自分はどんなお店で働くのがベストかを考えましょう。例えば学園系やOL、ナースといったコスプレを重視するお店ではある程度の演技力が必要になります。SMクラブでは女王様で責めるのか、奴隷役で責められるのかによって求められるものが違ってきます。
ちなみにSMの女王様は単純に鞭などで叩いたりすればイイという簡単なものではありません。言葉や仕草、道具の使い方やタイミングなど結構深い世界なので稼げるからといって安易に選ぶと後で後悔します。

自分の性格をよく知る事が成功のカギ

ミドルゾーンではより男性側の心理を知って、プレイを愉しんでもらう事が重要です。特にコスプレ系の風俗店ではその服装ならではのプレイが要求されます。例えば学園系のお店なのに学生の初々しさが全く感じられないようではNGです。
先ほどのSMクラブもそうですが、自分の性格と合う、合わないがハッキリ別れるのがこうしたお店の特徴です。自分の性格はどんな性格か、どんなプレイが得意かを把握する事がこうしたお店で稼ぐための秘訣です。
お客様である男性に愉しんでもらうのが第一ですが、自分もそうしたプレイを楽しめるかが一つの目安になるでしょう。自分に合うか、出来るかどうかわからないという方は取り敢えず面接を受けてみるのも一つの手ではあります。風俗店の店長は色々な女の子を見てきているので、自分の店にあう子かどうかは判断がつきます。ですので面接でこうした所が不安だと伝えてみるといいアドバイスがもらえると思います。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る