男の数だけ需要がある!ライトなものからディープなものまで千差万別な風俗の世界

風俗の中でも高収入のバイト求人

男の嗜好で色々種類が分かれている風俗の世界

ライトゾーンに区分される風俗で代表的なものを挙げるとキャバクラやセクシーパブ、オナニークラブや手コキ風俗、M性感といった業種が挙げられます。基本女の子は脱がないで男性もお触り禁止や服の上から触る程度の軽いタッチのみの風俗です。 給与面では時給5千円や日給3万5千円ぐらいが相場になります。

ライトゾーンに区分される風俗

女の子には解りにくいかもしれませんが、男は一人一人で好みがはっきり分かれる生き物です。例えば若い子が好きな男もいればいわゆる熟女が好きな男もいます。
そんな男性の嗜好に合わせて風俗の世界も細分化しています。ですのでここでは解りやすくするために「ライトゾーン」・「ミドルゾーン」・「ディープゾーン」の3つの分類に風俗の世界を分けて説明します。
ではまず風俗でバイトを考えているあなたに質問です。あなたはどこまでやる覚悟が有りますか?風俗の世界は基本的に脱がないで男性側もお触り無しのライトなものからソープランドの様に本番行為も行うディープなものまであります。あなたが裸を見せたくないと思うのならライトな風俗がおススメです。脱いだり触ったりされてもいいけど本番行為は嫌、という方はミドルゾーンの風俗が良いでしょう。どんな事をしても大金を稼ぎたいと思う方はディープゾーンで稼ぎましょう。
このように風俗を区分するのは解りやすさもありますが、あなたにあった風俗を見つけるのにも役立つからです。大金を稼ぎたいからといって無理に合わない風俗のバイトをしてもストレスを感じたりして長続きしません。お金を稼ぎたいと考えているからこそ自分がどこまでできるのか、それを見極めるのはとても大切な事です。風俗業はその仕事に合う、合わないが他の仕事に比べてとてもハッキリと出る業種です。ですのでまずは給与の良さよりも自分がその風俗で求められる行為を受け入れられるかを重視してお仕事を見つけましょう。
確かにソープランドなどディープなものに比べるとライトゾーンに区分される風俗は給与という面では少ないですが、無理して自分の心と体を壊してしまうようでは本末転倒です。それにライトゾーンでも上手く稼ぐコツはありますのでご参考にしてください。お金を沢山稼ぎたいのなら一番大事なのは自分に合う風俗を見つけて長く続ける事です。

ミドルゾーンの風俗

ミドルゾーンの風俗の代表例はデリヘルなどのヘルス系、SMクラブなどの特殊な性癖関係の風俗が挙げられます。ヘルス系について少し詳しく説明すると「デリヘル」はお客様の自宅でサービスを行うもの、「ホテヘル」はホテルでサービスを行うもの、「店舗型ヘルス」はお店の中でサービスを行うもの、に分かれます。

ディープゾーンの風俗

ディープゾーンの風俗の代表はソープランドでしょう。ただしソープも総額料金が1~2万円の「格安店」、3~5万円の「大衆店」、6万円~の「高級店」とタイプが分かれております。 色々と区分はありますが、わかりやすく言えば女の子の質やサービスが良いほど料金が高額になります。

男の嗜好で色々種類が分かれている風俗の世界

ライトゾーンに区分される風俗で代表的なものを挙げるとキャバクラやセクシーパブ、オナニークラブや手コキ風俗、M性感といった業種が挙げられます。基本女の子は脱がないで男性もお触り禁止や服の上から触る程度の軽いタッチのみの風俗です。 給与面では時給5千円や日給3万5千円ぐらいが相場になります。

ミドルゾーンの風俗

ミドルゾーンの風俗の代表例はデリヘルなどのヘルス系、SMクラブなどの特殊な性癖関係の風俗が挙げられます。ヘルス系について少し詳しく説明すると「デリヘル」はお客様の自宅でサービスを行うもの、「ホテヘル」はホテルでサービスを行うもの、「店舗型ヘルス」はお店の中でサービスを行うもの、に分かれます。

ディープゾーンの風俗

ディープゾーンの風俗の代表はソープランドでしょう。ただしソープも総額料金が1~2万円の「格安店」、3~5万円の「大衆店」、6万円~の「高級店」とタイプが分かれております。 色々と区分はありますが、わかりやすく言えば女の子の質やサービスが良いほど料金が高額になります。

Topへ戻る